2017年7月からジュビロ磐田に所属する

宮崎智彦選手がF.C.HARANの特別コーチに就任致しました。

 

月に1回~のペースで指導に来てくれます。

 

経歴

田無SC

横河ジュニアユース

FC東京U-18

流通経済大学サッカー部

 

鹿島アントラーズ(2009~2012年)

横浜FC(2011年)  *レンタル移籍

ジュビロ磐田 (2012年)  *レンタル移籍

ジュビロ磐田(2013年~)

 

来歴

西東京市(旧・田無市)出身のJリーガー。

 

小学生時代は地元のクラブに入り大黒柱として活躍。

 

中学生時代では代表の秋本と同じ横河でプレー。

この頃から左足のキックの精度が頭角を現し、ユース(高校)ではFC東京U-18に所属。

1年生より3年間レギュラーで出場。

 

高校卒業後はプロの道へは進まず、流通経済大学に進学。

ここでも1年生からレギュラーの座を掴み、在学中の4年間、ピッチの左サイドを常に支配し続けた。

全国に大学No.1サイドバック宮崎智彦の名を知らしめた。

 

プロ1年目は鹿島アントラーズで活動。

横浜FCのレンタル移籍を経て2013年度よりジュビロ磐田で活躍している。

 

現在はジュビロを優勝へ導くために、献身的な守備と攻撃のリズムを作り出すパスで、チームを牽引している。

 

スクールの選手達とは一緒にボールを蹴り、上手くなるための指導だけではなく、楽しく学ぶ雰囲気を作ってくれて、普段のピッチ上では見る事が出来ない、彼の笑顔と明るさでスペシャルコーチの役割を担う。

 

宮崎選手から

 この度、F.C.HARANのスペシャルコーチに就任したジュビロ磐田の宮崎智彦です。

 

僕は小学生の頃は地元のクラブで育ち、上手くなる事よりも友達とボールを蹴るのが楽しいからサッカーを続けていました。

 

年齢が上がると必然的に結果を求められるようになるので、小学生の年代ではとにかくサッカーを楽しむ事が一番大切な要素だと思います。

 

HARANの選手達が楽しみながら成長出来るように導いていければと思います。

 

月に一度くらいしか参加出来ませんが、皆と一緒にボールを蹴る事を楽しみにしています。