スタッフ紹介

代表   秋本憲一

選手歴

田無富士見JSC

・14ブロック選抜

・4ブロック選抜(優秀選手)

・東京都トレセン(韓国ソウル遠征メンバー選出)

・東京都選抜(関東選抜少年サッカー大会優勝)

横河ジュニアユース

レイソル青梅ユース

尚美学園大学サッカー部

 

指導歴

2009~2012年 久留米西高等学校サッカー部

  2013年~ F.C.HARAN

 

指導者資格

JFA公認サッカーC級コーチライセンス

 

来歴

西東京市出身

小学校時代は輝かしい成績を残し、誰もが憧れる手の届かない東京都選抜のメンバーに選出され、都倉賢(コンサドーレ札幌)選手、田中祐介(セレッソ大阪)選手とプレーした。

東京都トレセンに14ブロックから選抜された選手は秋本が初であった。

 

中学校時代は、同学年には宮崎智彦(ジュビロ磐田)、1つ上の学年には李忠成(浦和レッズ)選手、

1つ下の学年には昨年現役を引退し、東京ヴェルディなどで活躍した常盤聡選手と共にトレーニングに励んだ。

 

高校時代には日本ではFC東京などで活躍した阿部拓馬(蔚山現代FC)選手と共に勉強に励んだ。


所属チームのレイソル青梅では、辛島啓珠(元ガンバ大阪)さんと、二宮浩(国見高校出身)さんに指導を受ける。

 

大学時代にはザスパ草津などで活躍した田中淳選手や新田雅人選手、ヴェルディなどで活躍した海老澤宏樹選手などと共にチームメイトとして活動してきた。

 

高校・大学と選手としてプレーしていく中で、仲間が次々と挫折したり壁にぶち当たって葛藤している姿を目の当たりにし、卒業後は指導者の在り方やコーチング理論を学ぶ事を決意。

次々にサッカーから遠ざかっていく仲間を数多くみてきたので、育成年代での選手への接し方、指導方法、目標設定の大切さを伝え、未来ある子ども達の背中を押す事だけを常に考えている男である。

 

★インスタグラムでコーチの日常がアップされてます。是非のぞいてみてください!

 

コーチ  目黒恵太

選手歴

ジュベニール

小平2中サッカー部

都立保谷高校サッカー部

 

指導歴

都立保谷高校サッカー部

光和イレブン

INAC多摩川

 

指導者資格

JFA公認サッカーC級コーチライセンス

 

来歴

サッカーを愛し、サッカーに愛された男、目黒恵太。

 

高校卒業後に母校である都立保谷高校のコーチに就任。

その後は高校生のみならず、小学生や中学生と様々なカテゴリーで指導者としての道を開拓。

 

2017年春、代表のラブコールが実り、満を持してHARANのコーチに就任。

数多くの経験を経て当スクールの選手にサッカーの楽しさと奥ゆかしさを伝えている。

楽しく学ぶをモットーにボールを通じて選手達と汗を流すのが日課。

 

特別コーチ 宮崎智彦(ジュビロ磐田)

 *紹介やプロフィールは次ページをご覧下さい。