由来・コンセプト

F.C. HARANは ‘ハラン’ が由来です。

 

まず、ハランとは植物の一種であり、花言葉は「強い意志」。ハランは5月頃に地下茎から出てきます。この植物は地下を這う形をとり、大柄で、立ち並ぶような風景となり、日陰でもよく育ち、果実は地に乗った形になります。

 

以上のことから、

 

○5月頃に地下茎から出てくる

  →このクラブチームの2012年の5月に設立し、同じようにここから芽が出てくることを重ねた

 

○日陰でもよく育つ

  →どのような環境でもやっていける、通用する人間になってほしい、またそのような指導を施す

 

○果実は地に乗った形になる

  →足を地に着いて生きていけるような強い人になってほしい

 

ということコンセプトと合わせて名前にメッセージを込めました。

 

 

 

F.C. HARANでは、サッカーを通して成長できる環境を提供していきたいと考えております。義務教育が終わり、社会に出て活躍する際にどのような業界であっても、どのような環境であったとしても前を向いて取り組み続けらる人材を育む指導を目指しております。